忍者ブログ
藤咲のミュージカル観劇感想兼日記。 現在更新停止中です。
2017/10/24  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんにちはーフジサキです!CATS観てきましたv
今日はキャストと感想はメモ程度に残しておきます。かなり短めです。

キャスト

グリザベラ                  木村智秋*
ジェリーロラム=グリドルボーン     秋 夢子
ジェニエニドッツ               小松陽子
ランペルティーザ              チェ ウンヘ*
ディミータ                  有永美奈子
ボンバルリーナ               西村麗子
シラバブ                   南 めぐみ
タントミール                 八鳥仁美
ジェミマ                    王 クン
ヴィクトリア                 千堂百慧
カッサンドラ                 大口朋子
オールドデュトロノミー           チェ ソンジェ
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ          田島亨祐
マンカストラップ              野中万寿夫
ラム・タム・タガー             荒川 務
ミストフェリーズ              金子信弛
マンゴジェリー               川東優希
スキンブルシャンクス           劉 昌明
コリコパット                 花沢 翼
ランパスキャット              ユ ホンチョル
カーバケッティ               齊藤太一
ギルバート                 入江航平
マキャヴィティ               金久 烈
タンブルブルータス            大森瑞樹



目チカはマキャと…、?ジェリロとボン、かな?ちょっと自信ないです。
ネーミングはマキャとランパスのお二方。金久さんちょっと腰回りがスレンダーになったような?相変わらずの美声で何よりです。
それから太一カーバも来てくれたのですが、御声は中々の低音なんですね。ソロがないので分からなかったんですけど^^;なんだか初めて聞いたような気がします。

・タガーナンバー、荒川タガーの作曲が毎度好きですvダンスとか好きすぎてもうなんなんだろう。「あっは」とか「やっはぁ!」とか叫んでて始終上機嫌タガーでしたv可愛いなあもう。
今日の連れ去りは5列の辺りが年配の方が多かったのか(確か団体のお客さんだったかな?)、わざわざ引き返してきて回転席から連れ去ってました(笑)結構忙しいですね(笑)でも連れ去った方の荷物投げてみたりだとか、結構余裕そうに遊んでました。流石荒川タガーvv

・マンペルナンバー。初めましてのチェ ウンヘさん、うん、かなり好きランペです^^vv御声は割りと大人な感じなんですけど、ダンスのちょっとした止めだとか、指先とか、小仕草がランペらしくてまた仔猫らしくてかなり可愛らしかったです。最初のオーヴァチュアで舞台にいるときなんか、もう本当に仔猫みたいで、人間に興味津々って感じにお客さんを見つめていて、なんだか新鮮でしたvv
川東マンゴとのペアも良く合ってたと思います。小泥棒、というより利口な怪盗っていう感じの泥棒カップルだったと思います。結構知的そう?

・バストファーナンバー。ご馳走リレーは下手を。
コリコが大皿抱えて、ミストに「あーん」してあげてました。でも断わられちゃったのでギルに差し出すんですけど、直前でやっぱり自分が食べるっていう。入江ギル怒って「おいこら!」ってツッコんでました。よこせ、とジェスチャーするんですけど絶対皿を渡そうとしない花沢コリコ(笑)

・木村グリザ、個人的にはかなり有りなグリザです。今までの方とは違った捉え方といいますか、今までにはないタイプの新しいグリザベラだと思います。御声がすっごく若いので、「年老いた娼婦」ではないとは思うのですが…(ソングのときもすっごい綺麗なスレンダーグリザでした。佐渡さんのグリザがすごく綺麗だったように。)
なので、「他の役ができるとしたら○○が出来そうだな」とか想像の余地があるのが、ちょっと残念と言えば残念なところだと。グリザに求められてる役柄ってある種オンリーワンじゃないですか(本当は全猫そうなんでしょうが…)…なんかすみません、偉そうな事言って;;
でも若いぶん、今までのグリザとは違った解釈が出来てオモシロいなあと。ボンやジェリロ、他の雌猫と年齢が近いからこそ、グリザの存在がリアルになりますよね。もっと近いところにあるように感じるというか。
だから、なんで今彼女(グリザ)がこんな風に蔑まれているのかっていうのを考えてみると、どこか他の猫みんなに責任があるような感じがするんですよ。ただ生きてきただけなのに娼婦に祭り上げられて。だからですか、最後天上にのぼるとき、みんなに祝福されて送り出される様子が際立っていたと思います。
何が彼女を今の位置に陥れたのか、彼女の過去が知りたくなるような。そんなミステリアスな雰囲気で、かなり良かったと思います。
…すみません、語ったら長くなりました。

・スキンブルナンバー。久しぶりの劉スキンブルv
あれ、少しお痩せになられました?以前はただデカイくて口半開きのぽやぽやした天然鉄道猫という印象だったのですが(酷い言い様…)、ちょっと逞しくなって帰ってきて、ちゃんとお仕事を遂行する必殺仕事人(間違えた)みたいな格好良いスキンブルでした。青年、という言葉がとても良く似合います、けどなんだろう、雰囲気的にはDVDのスキンブルと似た感じかな?ちょっとアダルティ。
「モーニングティーは薄め?」左手の甲を口に当ててオネエポーズ(笑)カッコイイはず何だけど。あれ?(笑)
ヤクマン。野中マンカスは徳利とお銚子持ってほろ酔いで登場でした^^酔っ払いが様になる(笑)スキンブルに注意されて「はい、もうしません、すみません」と両方ともジャーって流して捨ててました。勿体無いな。
ヤクマン登場時、マキャとカーバは「うっわ酒臭っ!」と顔背けてそそくさと退いてました。
ヤクザマンカス見ようか、この二人見ようか迷って、両方とも見るようにしてたら両方とも中途半端な見方になってしまったです(笑)タガーもギルも見たかった…ふおおおおこのシーンはいつも目が足りなくなります…!
タガーベッドはちゃんとやってあげてました、というより仕組まれてました?最初にタガーがバブにベッドをやらせようとしたのですが、バブがスライドして逃げて戻って、乗ろうとしたタガーが結果的にはベッドになった…みたいな、…あの、通じました?(笑)

今回は握手なしでした。端から2番目だったので手を伸ばせばできたのですが、そうもいかなかったみたいで出来ずでした。しょーん、ってなってたら「ごめんねー;;」って顔されて、その困り顔が見られただけでもフジサキは幸せです(変態みたいですね)千堂さんありがとう。可愛いなあー。大好きです。現ヴィクトリアの中では一番好きキャストさんです。

こんな感じでした。いつも以上にまとまりが無くて申し訳ないです;ここまでお読みくださりありがとうございました!
PR
この記事にコメントする

name
title
color
URL
comment
password
prev  home  next
About

Master:藤咲
ミュージカル・映画感想等書いてます。
雑記は基本普通の日記。只今更新停止中です。

リンク方法など、その他諸々詳しくは
「はじめに」へどうぞ。
Search

忍者ブログ [PR]
  戦場に猫