忍者ブログ
藤咲のミュージカル観劇感想兼日記。 現在更新停止中です。
2017/10/24  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんにちは、フジサキです。
映画版『MAMMA MIA!』観てきましたーvABBA最高!!(落ち着こう)
思わず手拍子したくなっちゃったりだとか、踊りたくなっちゃったりとか。もうこの映画(というか曲)の魅力ですよね。ネタバレ含むので、追記にて感想です。かなり短いです。
 

PR

こんばんは。フジサキです。
映画版の怪人ネタ。明智先生と二十面相が同い年だったらという話。あくまでかもしれない話です(笑)二人とも出生とか年齢とかオープンじゃないんですね。だから。
でもなんとなく台詞に出てきますが明智もサーカスの出なんですよね。じゃあ今までどこかで会った事があるのかも…とか考えてみると止まりません(笑)はは。

そういや時代設定が『第2次世界大戦が回避された日本』で、『華族制度』があるのは明智先生と葉子を組み合わせる必要があるからなんですね。そういやこの設定じゃなきゃ二人ともくっつけようが無いしなあ…。(実は原作もこの時代設定だと思ってました。原作読んでなかったんで(笑))
*ネタバレ
で、この華族制度があるから、明智小五郎=怪人二十面相っていう等式が出てくるのかなあと。特に華族制度も何もなけりゃ、自分の能力を見せびらかすだけの愉快犯になんてなろうとも思いませんからね(笑)最後の方なんかは…明智は難儀なやつだなあ、って思います。二十面相になった当初の目的だってただ帝都や世界を征服したかったからな訳ではないだろうし。
…このあたりはまだ私の読み込みが足りないです。すみません;難しいー。

年齢の話に戻ります(笑)役者さん自体の年齢では中村さんのが年上なんですよね。8つほど。
観てても役柄のせいもあるかと思いますが、やっぱりなんとなく平吉の方が幼いですよね。見た目的には同じくらいだと思うんですが^^;(すみません、見た目で年齢判断するの苦手なんですよー;)
まあでもこのあたりはあんまり深く掘り下げても意味は無いかな?


すみません、結局何を言いたいのか忘れました(…)
またなにか思い出したら、ここに書きに出て来たいと思います^^じゃ。


こんばんは、フジサキです。
ではでは早速、映画『K‐20』の感想をばv
全面ネタバレなので未見の方は読まないほうがよろしいかと思います。

こんにちは。どうもフジサキです。
映画観に行ってきました~楽しかったvやっぱりファンタジーものは楽しいなあ、ってそんな訳でナルニア国物語観てきました。休日の、しかも真昼間なのに席ガラガラだったのですが意外に年齢層高くて驚きました…小学生がいなかったよ。あれ、これそういう映画でしたっけ?
感想とかまた後日詳しく別に書きたいと思います。が、やっぱり今書きたくなったのでメモ程度に書いて置きます^^
特にネタバレもしてないんで伏せません。

カスピアン王子が駄目男すぎて噴きました(ひどい)あとアスランが出て来る度に何故か涙目…大好きだー!!それから、タルマール人って何系の俳優さんが演ってらっしゃるんでしょう?最初イラン系かと思っていたのですが、よくよく考えるとスペインとかそっちの方かも?発音が変わっていてかなり聞き取りづらかった。
ここだけちょっとネタバレ。内容とは直接に関係してない話題ですが。
最後の、ルーシー以下兄妹達が英国に戻るときのアスランとのやり取りで。
バックに曲が流れてて(サントラじゃなくて、歌手さんが歌ってるやつ)、「~~Not say to ”Good-Bye”」という歌詞と、アスランの最後の別れのほほえみが被って、涙がぶわぁっと溢れてきた。何とか溜めるだけで済みましたが…本当に綺麗なシーンだったと思う。
 
こんな感じでした。タルマール人についてもっと歴史とか掘り下げてくれたら深く観れたかなあ、と。これは仕様がないか。

それじゃこのくらいにして。寝ます。

こんにちは。フジサキです。ネタもないので早速感想に逃げます;;
追記にて書いてるので、特にネタバレに関しては伏字はナシで。

prev  home
About

Master:藤咲
ミュージカル・映画感想等書いてます。
雑記は基本普通の日記。只今更新停止中です。

リンク方法など、その他諸々詳しくは
「はじめに」へどうぞ。
Search

忍者ブログ [PR]
  戦場に猫