忍者ブログ
藤咲のミュージカル観劇感想兼日記。 現在更新停止中です。
2019/09/22  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


Happy Birthday CATS!
CATS25周年おめでとうございます!公式のブログパーツも今日は25周年仕様なんですね。
五反田大崎では最後の記念日、行ける方は楽しんで観に行ってきてくださいなv

CATSに出逢えて本当に良かった。ずっとずっと大好きな演目です。
今日が善き日でありますように。心の底から全ての愛を。

PR

こんばんは、フジサキです。HAPPY  HALLOWEEN  !
今の今まで今日がハロウィンだということを忘れていました…。罪滅ぼしにでもひとつSSを置いておきます。先に謝っておきます。ごめんなさい(…)
記念カテコ、記念日から16日までなのですね!早速15日のチケット取ってしまいました^^(本当自分に甘いなあorz)大入り袋も配布されるみたいで、驚きました。当日だけじゃないんですねー。
お陰で4週連続観劇、みたいなことになってしまいました。わあ。幸せ!(笑)

『南十字星』、テレビ放送決定v阿久津さんがしばらく抜けていたのも、これの収録だったりするんでしょうか?んーそれとも、今年の夏に既に撮っておいたものなんでしょうかね。まだまだ先ですが楽しみですv
それからDVD発売決定。夢醒め、以前テレビ放送したのを録り逃していたので、この機会に買えたら良いなあ、と^^いやもう本当に、楽しみで仕方が無いですvv
公式でも嬉しいニュースばっかりでテンションだだ上がりのフジサキです(笑)

追記にて、ではないですが折角なのでハロウィンネタでも置いておきますねー。パンプキンパイか、ターキシュ・デライトかどっちにするかで迷いました(結構どうでもいい)

ハロウィン小話

「トリック オア トリート!」
「Trick or Trick-?」

ノックされた扉を開けてみると、そういえばマンカストラップは思い出した。
シラバブが何のために今日まであの魔術師猫のところへ入り浸り、そして可愛らしいあの衣装まで作ったのか。
どうやら自分は一昨日に準備していたのを忘れていたみたいだ。用意しておいてよかった、と一昨日の自分にお礼を言う。
まだ来ていないから…そうか、今の時間だとリーナの所か。
一通り思い出したところで、マンカストラップは目の前の仮装した黄色い仔猫に意識を戻した。

「はいはい、カボチャ男さんにはこれをやろうなv」
「わーありがと、マンカス!」
「どういたしまして」

ニッと笑顔を向けてやると、傍でしびれを切らしたド派手な猫がこちらをジト目で見てくる。その無言の訴えに、いい大人が何をして…とこちらも負けじとマンカストラップは睨み返した。

「なんだ」
「…オレには?」
「…菓子やるからさっさと帰れ、ライオン男」
「いや、一応ミイラ―」
「ファーが目障りだ。ほれ、帰れ」

有無を言わせず強制的に視界から排除されたタガーに、
哀れ…と視線を向けるのはカボチャ男扮するコリコパット。

「あ、コリコ。ジェニーおばさんは今年はパンプキンパイを用意してるみたいだぞ。
貰っておいで」
「ほんとっ?わかった行ってくる。マンカスありがとう!」

手を振る仔猫に、いってらっしゃい、とマンカストラップはにこにこと送り出した。パタン、と扉を閉めて、そして次に訪れて来る仔猫のためにバスケットにお菓子を詰めた。
扉の外に置いてきた幼馴染と、その会話など、 知る由もなく。

「……」
「…おれが貰ったの分けてやろっか?」
「…ありがたく受け取っておいてやる」

こんばんは。ただいま、です^^無事終わりました。長い間お休みしちゃってすみませんでした;;

って、うわ!なにやら一報あるみたいで。すっかり置いてけぼり気分ですが(笑)、書きたいと思います。
CATS千秋楽決定。
ああやっぱり来たんだなあ、という感じでした。自分は五反田猫からで、東京にあるのが当たり前で。その当たり前だったのが無くなっちゃうのは、少し、寂しいですけどね。
でも別にCATS公演自体が終わるわけじゃないので^^それに自分にとっては「さよなら」じゃなくて、「いってらっしゃい」なんです。寂しい気持ちもありますけど、それよりも感謝の気持ちのほうが強いです。
心の準備をするには半年は少し短い気もしますが^^;、これからの公演も精一杯観ていけたら良いな、と。CATSが好きでよかった。

キャス変。
新カーバに太一カーバ、石野ジェニーに寺田ガスが追加ですね。齋藤太一さんは翔さんと被るので、これからは太一カーバと表記しますね。そういや公式の方もいつの間にかリニューアルされてました。車のトランクからぽーんっと出てくるのも可愛いし、なかなかに賑やかな雰囲気で素敵v
それから、『ウェークアップ! ぷらす』見ました!座内オーディション(で、合ってますかね)の風景が映ってましたね。代表に「稽古入って」って言われてて、うわーこんな感じで役が決まるんだなあと、その瞬間に立ち合えた気がしてちょっと感動しましたv

明日は久しぶりにCATS観劇ですv新キャスさん達が見られますようにー!

こんばんは。どうも、フジサキです。
フリーの音楽編集ソフト探してたのですが、手頃なのが見つかって良かった良かった。保存形式とか全然知識無いのでこれから勉強しないと。

うちのマンカス(とか言って良いんだろうか…)はジャンクヤード生まれじゃなくて、よそから来た設定です。『夏景』でも書きましたが、今のみんなと出逢ったのは人間年齢に換算して8~12歳くらいのとき。(若干幼めなだけで、その辺結構アバウトです。)で、飼い主さんの都合で一ヶ月間だけ街に来てたとか。…だからまたみんなとは別れてしまうわけですが。
色々考えて、ぬくくて居心地の良い今の居場所を棄てるのは賢明な判断だったかどうか自分でも分からないけど。だけどジャンクヤードのみんなとか、そこの生活が忘れられなくて、何よりも自分がどうありたいのか考えたら 戻って来てた、みたいな感じかな。自分の生きる居場所を見つけたってことは、自分の中のジェリクルにも気付いた ということなのではないか、と。自分が必要とされる場所で、自分もみんなを必要としていて、

当然(成猫になってからですが)、新しいリーダーになったときも風当たりは強かっただろうけど。そこはほら、タガーとかデュトロノミー様とか、ジェニーとかシラバブとか。彼がどうしてここに来たのか、知る猫たちがいるから。居るべき居場所があるのは幸せなことだと思いますよ。

と、久々に猫語りしてみました。…語るだけじゃなくて、これを小説に出来たら一番良いんですけどねorz
おやすみなさい。

こんばんは~。どうも、フジサキです。もう2月ですね。

全っ然脈絡のない話ですが。
レベッカさんって瞳の色がブラウンなのですねー。ライトブラウンだったかな。この間の観劇で間近で見る機会があって失礼ながらじーっと見てて「ん?レベッカさんて瞳青色じゃないのかなー?」って思ってアルプ見てみたらやっぱりそうでした。そういえば日本人でも茶色い瞳の人っているんですよね。確かヘイゼルっていうやつ。友人で2人ほどいますがとても綺麗な色の瞳v茶色と言うか、なんというか?格好よく言うと金茶色。
金茶色で思い出しましたが、タガーの瞳の色は水色、ってイメージです。っつうのも最初に観た猫サイトさんで目の色が水色だったから。…って今確認してきましたが、あれ…金茶だった…?記憶が改ざんされていた。でもきっと似合うよ。多分。小説で描写するときは金茶色の方がしっくりくるんですけどね。まあつまるところそういう風に色々瞳の色とか考えるのが好きなだけなんです。
はい。オチのない呟きでした。呟くくらいなら早く感想仕上げろーい。

prev  home  next
About

Master:藤咲
ミュージカル・映画感想等書いてます。
雑記は基本普通の日記。只今更新停止中です。

リンク方法など、その他諸々詳しくは
「はじめに」へどうぞ。
Search

忍者ブログ [PR]
  戦場に猫