忍者ブログ
藤咲のミュージカル観劇感想兼日記。 現在更新停止中です。
2017/11/22  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんばんは。フジサキです。
CATS観てきましたー!友人の誕生日ということで、プレゼントに。色々といっぱいお喋りしましたv楽しんでくれたみたいでなによりです^v^
今回は少し短めです。

キャスト(*印は初見さん)

グリザベラ                 木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン    秋 夢子
ジェニエニドッツ              小松陽子
ランペルティーザ             チェ ウンヘ
ディミータ                  有永美奈子
ボンバルリーナ               西村麗子
シラバブ                   南 めぐみ
タントミール                 八鳥仁美
ジェミマ                    王クン
ヴィクトリア                 千堂百慧
カッサンドラ                 井藤湊香*
オールドデュトロノミー           種井静夫
アスパラガス=グロールタイガー/
バストファージョーンズ           寺田真実
マンカストラップ               野中万寿夫
ラム・タム・タガー              荒川 務
ミストフェリーズ               金子信弛
マンゴジェリー                川東優希
スキンブルシャンクス            劉 昌明
コリコパット                  花沢 翼
ランパスキャット               ユ ホンチョル
カーバケッティ                齊藤太一
ギルバート                  入江航平
マキャヴィティ                金久 烈
タンブルブルータス             川野 翔



*オーヴァチュア~ネーミング
目チカはカッサ。目の前をミストがすごい勢いで通って行ったので思わず「風圧!風圧!」とか思ってしまいました(しょうもな)
ネーミングはカーバ。ほとんど素通りに近いので、今回視線いただけた猫は…ナシかな?ちょっと寂しいですけれども。

*ジェニエニドッツ: おばさん猫
野中マンカスv相変わらず良い声してます。なんでしょう、前回と比べて雰囲気が丸くなったような?それでいて声に色気があったように思いました。
野中さん独特の、にじみ出るやわらかさがすごく好きです。
ゴキスキンブル、今日はなにしてたんだろう…?(笑)タイヤ横に座って、スポンジでゴキ達に指示出してたみたいでした^^千堂さんはゴキでも笑顔全開で本当に可愛いなあ…。有永ゴキディミも細かいところでころころと表情が変わってて、見てて飽きないです。ゴキ全員で整列してタップしてみせて「ふふんv」と自慢してみても、次にまたジェニに指導されて、「ぇえ?!」っていうその時の表情の変わりが面白いです。

*ラム・タム・タガー: つっぱり猫
荒川タガーは流石ですね。見てて「あーなんかやらかしそう」なタガーの雰囲気で、実にらしい。役に生きるというんでしょうか。本当に生き生きとしてました。
荒川タガーナンバーのこの高揚感がなんとも好きですv「こんな楽しい生き方ないぜ~~…はぁっ!」とか暑いときには~の作曲も素敵ですv
連れ去りは小さい女の子でした^^席に戻すときも「バイバイ^^」みたいな感じでほっぺをぺちぺちしてあげてて可愛いな~vvと思いましたvvいやーそんなことしてる荒川さんも可愛いですよ!
後ろで嫉妬メラメラなお姉さんたちもグッジョブ(笑)八鳥タントは横目で「なによあのガキ…」ばりに冷ややかな目つき、西村ボンは爪噛んでイーッてしてました怖いです(笑)
最後の決めポーズ終わった後のダンス、少し変わりました?以前はセンターに出てきてそのまま前かがみに伸膝前屈、だったのが、普通にジャンプしてターンしてました。

*泥棒猫コンビ
チェランペが少しお疲れ気味みたいでした。他のナンバーではあまり感じなかったのですが、少し勢いが無かったような。川東マンゴもそうっぽかったですが、他のナンバーでは元気そうでした。つられちゃってたのかな。
ボールではアクロ、とまではいきませんがキレのあるダンスでかなり好きです。
そういやマンゴ、階段登って逃げる前、腰抜かしたのかコケてました(笑)わざとだろうけど大丈夫かー!(笑)

2幕。
*ガス~グロールタイガー
寺田さんのグロールタイガーが好きだと気付いた。です。あ、今更でした。もう前から好きです。
今にも召される5秒前なガスとのギャップが相まって、タイガーになると豹変するのがすごく格好良い!いや本当に別人でしょう、これ。ってくらいに(あれ?前々回あたりに同じこと書いた気がする)(笑)
殺陣は実戦ばりの荒々しさと勢いで、そして死に際もさらに磨きがかかったみたいで物凄く迫力ありました。有無を言わせぬあの存在感と佇まいは流石です。(…今ちょっと海賊王とか書きかけてやめました(笑))
秋グリドルのソノクイ、すごくのってて伸びてました。綺麗~vセンチメンタルジャーニーは両人ともすごく素敵だったと思います。バランスが良くて、よく伸びてるなー、と。
それにしても野中クリューマンカスの、グリドル嬢が出てきてタイガーが「あい早くつれて来い」って命令したときにしたあの耳栓するリアクションは一体なんだったのだろう。

*スキンブルシャンクス: 鉄道猫
荒川タガーがやかましかったという印象しか(笑)
ヤクマン登場時、タガーはギルとつるんでヤクマンの方へ向かって行ってました。勇敢~。でも「やっぱやめた」だとかなんとか引き返してました^^;それでスキンブルが注意したときは「何ィ?!」てな感じで振り返ってましたね。
タガーベッド、タガーは列から外れて脱走(笑)南バブがそれを追って、しっぽ引っ張って強制送還です。

ミストナンバーでも荒川タガー、しっぽ引っ張られてました。それもヴィクトリアに(笑)デュト様出現マジックで赤いマントひらひらさせてるときに、勢い余って前に出てきちゃってて、後ろにいるヴィクに制止されてました。

握手は川野タンブルとvにっこりと笑顔でしていただけました。素敵でした^^
初見の井藤カッサは男らしさも兼ねつつ、どこか女性らしさもあってニュートラルなカッサだなあ、と。姉さん、って雰囲気でした。御声も綺麗でもう一回観たいところです。
タガー締め!今回は初めて見るパターンでした。
タガー登場して、2階席のお客さんから「タガー!」って声がかかって、「どうもどうも~」とかリアクションとってたら便乗されて方々から「タガー」「タガー」言われちゃって(笑)「ア、もういいですから」とか諌めてました^^
それで後は拍手煽って音頭とってパチンと一閃。それから腰だけピンスポ(笑)
で、いつもならその後オーブンへ行って~のくだりなのですが。今日は拍手が鳴り止まなくて、パチンと〆たままのポーズのタガーがスポットライトに。ちょ、そのまま静止してたんだwとか思わず笑ってしまいました(笑)
そして更に大きくなる拍手に「ありがとうございましたーっ!」と深々と座礼で御礼ですvそれからちゅう っと投げキッスサービスして、お帰りになってました(笑)

こんな感じでした。楽しかった!です!
ちょっと咳が多かったり子供が泣いちゃってたりとか、本編に関係ないところに気を張るのは疲れたけど舞台自体はとても良かったと思いました^v^楽しかったですv
ここまでお読みくださりありがとうございました。
PR
この記事にコメントする

name
title
color
URL
comment
password
prev  home  next
About

Master:藤咲
ミュージカル・映画感想等書いてます。
雑記は基本普通の日記。只今更新停止中です。

リンク方法など、その他諸々詳しくは
「はじめに」へどうぞ。
Search

忍者ブログ [PR]
  戦場に猫