忍者ブログ
藤咲のミュージカル観劇感想兼日記。 現在更新停止中です。
2017/10/24  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


流石に昨日の帰宅時間が遅かったのと、はしゃぎすぎたのもあってか(笑)ちょっと身体が重い…。不甲斐なくて申し訳ない。
どうもこんばんは。フジサキです。

WICKED観に行ってきましたーv!
感想とかネタバレ含む?ので(若干台詞とか書いてます。)追記にて。
収拾つかない上に、長いです^^;
まとめて無いので読みづらいことこの上ないです。

キャスト

グリンダ        沼尾みゆき
エルファバ      濱田めぐみ
ネッサローズ     小粥真由美
マダム・モリブル   森 以鶴美
フィエロ         李 涛
ボック          金田 暢彦
ディラモンド教授   武見龍磨
オズの魔法使い    松下 武史

男性アンサンブル
三宅克典   脇坂真人   品川芳晃
白倉一成   西野 真   清川 晶
上川一哉   成田蔵人   永野亮彦

女性アンサンブル
あべ ゆき   石野寛子   今井美範
宇垣あかね  遠藤珠生   有美ミシェール
長島 祥    間尾 茜    レベッカ ヤニック

コンダクター   井上博文





とりあえず、初めて観ましたので感想?というか何というか・・・ですが。

意外と会場とか舞台とか狭いんですね。
いやいや普通の(、とは言い切れないけど)劇場に行くのは何年ぶりだか(笑)
ナンバーとかまだ良く分からないので、印象に残ったトコとか台詞とか。

もうね、最初の「死んだぞウィキッド」のところから鳥肌立っちゃって凄かったです。グリンダの登場シーンからもう何故か涙腺が緩み・・・感動?何でだろう。
あーでも感動した。初っ端から。

エメラルド・シティに着いた時、カーテンで仕切られて短いけど、グリンダとエルファバの二人で歌うところ。エルファバの「誰も私の肌の色を咎めたりしない」「誰もジロジロ見たりなんかしない」「私の居場所はここだ」ってとこ。
こことかもう何でか知らないけど涙出てきちゃって。
痛いほど伝わってきた。
父親にも存在を認めてもらえなくて、学校でも除け者にされる。自分がどれだけ居場所を探してたか。
短いシーンだったけどこのシーンは凄く印象深かったです。

だから一幕の最後かな?の「取り戻すのよ 自由を」とかも感動。
鳥肌立ちっぱなしでした。
やっぱり一幕最後はグリンダに手をとって欲しかった。でも出来ないんだよね。

かなり飛びますが;
ラスト、エルファバとグリンダのデュエット。
どうしても後ろの火を見てしまう(苦笑)いやいやちゃんと観てましたって。
そこではあんまし泣けなくて、次のところで決壊。水かけられて消えるところ。
グリンダがエルファバの帽子拾って、緑の小瓶がこう・・、ぽつんと置いてあるんだ。ああもう居ないんだって。お母様の形見なのって言ってたの思い出して涙腺決壊。まだ、というか消えてないのに(苦笑)頭から完全に設定消えてた。水に弱くないんだってば。
涙溢れちゃってやばかったです。
ぶあああーっってなんか込上げてきちゃって・・・。

フィエロもね、登場からずっとチャラい男だなぁとか思ってて。
でもすごく人の気持ちを真摯に受け止めてて。カッコ良かったよすごく。エルファバが消えた場所に駆けてきて真っ先に見つけるのとかね。

カーテンコールでも泣きそうだった。
二人がギュッって抱擁するとき、もううあああああってなってしまって;
感動したんだよー!会場拍手で凄かったです。
心からの惜しみない拍手を!


とても感動した舞台でした!なんか↑を読み返してみると、自分どれだけ泣いたとしか書いてない気が;涙腺弱過ぎるんだって。
それと、感想に成りきれてなくてスミマセン;
ここまで読んで下さった方、お疲れ様です。有難うございましたv
次また観た時にはまともな感想書けるようにしたいです。
次の予定は12月ですが。
これで暫く観劇予定は無くなっちゃったなぁ。また突発で行くのか。


ライトアップ。
画像が汚くて申し訳ない;
とても綺麗でしたvまた観たいです。
やはり最後は暗黙のルール、破られました(笑)
PR
この記事にコメントする

name
title
color
URL
comment
password
prev  home  next
About

Master:藤咲
ミュージカル・映画感想等書いてます。
雑記は基本普通の日記。只今更新停止中です。

リンク方法など、その他諸々詳しくは
「はじめに」へどうぞ。
Search

忍者ブログ [PR]
  戦場に猫