忍者ブログ
藤咲のミュージカル観劇感想兼日記。 現在更新停止中です。
2019/08/25  [PR]
 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


こんばんは~フジサキです。
CATSキャスト、寺田さんが入ってガスがWキャストですね。

ではではかなり短め簡素にですが、『シラノ・ド・ベルジュラック』の感想書きます。
と、思ったらかなり長くなってしまいました…。読みづらかったらごめんなさい;;
***
ささっと読みたいなら渡辺守章訳(敬称略)、古風な言い回しがお好きなら辰野隆・鈴木信太郎訳をお勧めしますかね。渡辺訳は、本の厚さの約3分の1が注釈です。あとは解説(あんまり注釈のない後者と厚さがほとんど同じなのは何故なんでしょう…(笑))
渡辺訳のほうが読みやすい気がします。書きかたも俗でとっつきやすいです。これは私の好みの話になるのですが、鈴木訳の方が好きです。文語体だらけですが、その方が雰囲気が出てイイなあと思います。

内容の感想です。
第4幕の第10場。アラス包囲戦。ここ切ない…!
手紙をやり取りするうちに、ロクサーヌはシラノに惚れていってしまうんですね。(手紙を出しているのはクリスチャンなんですが。ロクサーヌもそう思ってます。)だからシラノは本当のことを言って、手紙を出していたのは自分で、ロクサーヌに愛していると伝えようとするのですが…包囲戦の最前線で戦っていたクリスチャンが死んでしまうんですよ。シラノが伝える前に。
ロクサーヌは勿論そんな事知らないから、自分の恋人であるクリスチャンを心から心配するんです。シラノにしても、死に行く友人を惨めにはさせたくないし、ロクサーヌにも伝える事なんてできない。
だから、今わの際で臥せっているクリスチャンに耳元でこっそり「全部、話した!それでもなお、あの人が、愛しているのは、君だ!」と伝えるんですよ。クリスチャンはそれを聞いて逝くんです。
もうもうもう……!!シラノぉぉおお!!!なんつー男前ー!!(分かりづらい説明で申し訳ない;;この辺りは映像で観た方が伝わりやすいですかね。)まあお話の筋としては、その後十数年経ってもシラノは思いの丈を伝えなかったわけですが、結局のところ言ってしまうんですけどね。
でもこう読んでいくと、クリスチャンが死んだのも、全部クリスチャンの計算だったんじゃないかな とも読めんです。シラノに「ロクサーヌに言っちゃえよ!」とか(こんな表現じゃないですが(笑))言っておいて、その直後にわざわざ最前線まで出て行って真っ先に撃たれて死ぬなんて、もう考えてやってるようなものじゃないですか。クリスチャン!
顔だけでロクサーヌに愛されて、だけどその自負がクリスチャンにはあったから、最期だけは華々しく保っていたかったんじゃないでしょうか。…まあでも損な役割でしたよね…。
ここはかなり読んでて切なくなりました。あとは一番最後のシラノが死んでしまうところかな。
最期の台詞がこれまた途轍もなく格好良いんですが、これはネタバレになってしまうので書きません。ここは是非読んでいただきたい!!(散々ネタバレしておいて(笑)鈴木訳のが粋な書き方をしております。そういう意味でもこっちの方をお勧めしますね。)
内容の感想はここまで。
こんな感じでした。ストーリー自体は簡潔でなので読みやすいと思います。ただシラノは詩人だし、そういう意味じゃ言い回しがまどろっこしい…とも感じますけどね^^;
ここまでお読み下さりありがとうございましたv

そういやこの間の映像版、観てたら途中で切れたと騒いでいましたが…あれ、あと1分も残ってなかったんじゃないかな…。ラスト1分を見逃した形になりました…おおう、なんという消化不良。
でしたが結局結末は読むことが出来たので結果オーライですかね(笑)はは。

PR

こんにちは。フジサキです。
今日買い物していたら、ものすっごく格好良い犬発見…v犬OKのお店が多いところだったので結構周りにワンちゃんが多かったんですけど、特に。格好良かったーvv
犬を飼っている身として気になって(笑)、人の良さそうな飼い主さんだったので犬種を訊いてしまいました。ベルジアンシープドッグだそうです~^^黒い毛だったからグローネンダールかな?本当に格好良かったなあ。
まあ何だかんだ言ってウチの仔が一番なんでしょうが(笑)
はい、余談でした。

アルプ読みました。
北澤さんってずっとシンバ演ってらしたんですね。勝手ですがラウルとか配達人とか、貴公子なイメージが先行してました。どことなくノーブルな雰囲気の漂う。ラウルは比較的最近なんですね。これからも頑張ってくださいなv
S&D、阿久津さん!今までS&Dというと芝さんだったことが多いので、写真も増えてて嬉しいですねvしかし…芝さんは「さん」で、福井さんは「君」か。ん?と思ってパンフ見返してみたら阿久津さんの方が一年先輩なんですね。へえ。厂原さんは相変わらず可愛いなあ~^^
そういえばめちゃイケのLK特集みたいなの。阿久津さん出てたんだー!!カッコイイ…///わーTV放送してほしかったな…;;収録時間は1時間だったそうですし、もう少し長く観たかったですね。岡村さんが記念撮影モードなのが笑えます(笑)
次回のTV放送は「ギョーテック」。あ、阿久津さんが映ってらっしゃる…!ということはTVの方にも映ってる可能性はあるのかな?き、期待して良いですか!(笑)(ていうかあくつあくつうるさくてごめんなさい)
猫楽、応募数一万超えてたんですね…!!すごい。CATSシアターの席数は1200位でしたよね。倍率は十数倍。…これなら外れてもまあいっかな、って諦めもつきますね(笑)猫楽行かれる方は楽しんでくださいなv
記事の写真は結構前のですね。金森タガーっていつ頃出てましたっけ?
S&Dはイベント目白押しで良いなあ。楽前にはもう一回観に行きたい…カルタ楽しそうですね^^って百人一首じゃないのかな?秋の田と久方はバッチリですよ!(2枚だけ(笑))

ではではこの辺で。


こんにちは。ども、フジサキです。
NHKにて『シラノ・ド・ベルジュラック』、やってたので観てみました。日本版ではないのですが。
確か市村さん?鹿賀さんの舞台がありましたね。浜松町駅周辺にポスターが貼ってあった気がします…と、あと思うところがあって、観ました。
感想としては…もう本当に泣けますね;;
中盤、バルコニーでロクサーヌがクリスチャンの美辞を聴くのですが、それはクリスチャンではなくてシラノのであって…闇で顔が見えないからこそ伝えられるシラノの、心の底からの愛の言葉がもう切なすぎです。あのシラノがぼろぼろ泣いてるのも。まっすぐすぎて眩しい。
で、最後の最期。シラノが…!っていうところで

録画終了

・・・んぇい?
HDDに空きが無くて全部録画しきれなかったみたいでした…。いやだってあと3分もないのに?!続き!最後の3分間分は謎で終わりました…。
泣く準備をしていた私を引っ叩いてくれorz

あ、あまりにも後味悪いので図書館で書籍版借りてきましたv資料の延長手続きついでに。よし、読むぞ。
それから主演のシラノ役のケビン・クラインさん。調べてみたら『ノートルダムの鐘』のフィーバスの声優さんみたいでした(!!)びっくり。世の中狭い。

CATSキャス変。
グリザベラに木村智秋さん、ジェミマに撫佐仁美さんが追加でWキャスト。
おお…!なんだか雌猫はデビューラッシュですね~^^次回行くのは結構先なので観れなさそうかなあ;撫佐さんはWSSに、木村さんはオペラ座とウィキッドに出演なさってたみたいですね。木村さん、大きな役としてはこのグリザベラが初めてかな?
お二方とも頑張ってくださいな~vv


こんばんは~フジサキです。
明日が休みとか嬉しすぎる…とか言っても、結局いつもと変わらず無駄に休日を消費しそうです。勿体無い…けど何かするのも面倒くさい(駄目だこりゃ)
あ、図書館行って資料借りてこなきゃ。

今日は、先日のS&D『早く王様になりたい』の徳永チャンプの黒パンツが気になって一日中によによしていた気がします。(なんかごめんなさい)
そういえば、公式にイベントのメッセージカードを配る様子がアップされてますね。…阿久津さんの合図で投げてたんですね。目先にとらわれすぎで気付かなかったー…。阿久津さんの笑顔が素敵過ぎるです。

あ、それからまた随分と前の話になるのですが。『男装の麗人』観ました!黒木メイサさん綺麗な方ですね~vv真矢さんもお素敵です。
結局、男にもなりきれなくて かといって、女として生きるには何もかも棄てすぎたんですよね。最後まで自分を探してて。銃殺刑直前まで「ボクは誰なんだ?ボクは一体何者なんだ…?」と必死に生きようとしていて。最期の「…私は…、わたしだ。」には泣けてしまいました;
…でもどうにかして、日本国籍を得ようとしていたあたりにはちょっと違和感を感じてしまいました。
自分が清朝の王族であることを心から誇りに思っていたのに、中国人であることを偽って助かろうとする姿は少し可哀相、というか…(すみません。可哀相って言葉好きじゃないのですが、あえて使いますね。)でもまあ綺麗事ばかりで死ねる人なんていませんもんね。

こんな生き方した人もいたんだなーとか感動していた矢先に、画面下に小っさく「このドラマは書籍を元にしたフィクションです。」……はィ?脱力というか何と言うかorz
どこからフィクションで、どこから史実なのやらです。あ、途中で李香蘭が出て来て何故かテンションupでした。

すみません。まとまりがなくなったところで寝ます。オヤスミナサイ。

こんにちは、フジサキです。
早速ですがCATS月曜キャス変。
入江コリコから花沢コリコ、花沢カーバから松永カーバ、龍澤ギルから入江ギル。女性陣は皆さん連投してらっしゃいますね。頑張ってくださいなー!
龍澤さん、ギルバートお疲れ様でした。それにしてもあからさまな玉突きキャス変ですね。

『めざまし』で加藤さん(+55Steps)の特集観ました~^^加藤さん格好良いvv
個人的には、「早く王様になりたい」を歌う厂原さんが楽しみであります。あれやっぱりウケ狙いですか?(笑)仔シンバ頑張れー^^!
BMXの登場ナンバーはターザンだったんですね。そしてこの御声は芝さん(…ですよね?(自信無い))。…で、この演出が無くなったという事はターザンのナンバーも削ったのかな?残念ですが。
11月くらいには登場してるかな。稽古でも怪我が絶えなさそうな演出ではありますが;、頑張ってほしいです。
ついでに公式HPで新しい写真が上がってますね。え、中央下のお写真は…もしかしてもしかしなくてもまさか、福井さんですか?わーいつ頃から登板なんでしょう。楽しみv

***追記
北京ハムレット特集見逃した…;まさかCATSの映像流れるなんて夢にも思ってなかったのですよ、ジーザス!今よそ様で猫出てたと訊きまして傷心中です。うわあぁぁあん;;(涙)さ、再放送是非…!!
***

昨日の日記に、話に出ていたオエビ絵を載せておきました。
了さまの線画をお借り致しました。ありがとうございましたv
prev  home  next
About

Master:藤咲
ミュージカル・映画感想等書いてます。
雑記は基本普通の日記。只今更新停止中です。

リンク方法など、その他諸々詳しくは
「はじめに」へどうぞ。
Search

忍者ブログ [PR]
  戦場に猫